観光スポット・イベント情報

史跡佐渡奉行所跡



慶長8年(1603年)、徳川幕府の天領であった銀山を管理するため、相川金銀山のふもとに佐渡奉行所が建てられた。建物は、火事による焼失と再建を5回繰り返しており、現在の史跡佐渡奉行所跡は、安政6年(1859年)に再建された奉行所を復原している。当時の奉行や役人が仕事をしていた建物「御役所」内には、裁判の場であった「御白州」や、金精製に使う鉛板(レプリカ)がある。採掘した鉱石から金銀を取り出す工場「寄勝場」も復元されており、鉱石の選鉱過程を体験することができる。

  • 所在地
    新潟県佐渡市相川広間町1-1
  • 営業時間
    8:30~17:00(16:30までに入館)
  • 料金
    大人500円、中人・小人200円
  • お問い合わせ
    史跡佐渡奉行所跡
    Tel:0259-74-2201 
  • アクセス
    JR「新潟駅」から新潟交通バス約15分「新潟港」~ジェットフォイル約1時間5分「両津港」~本線のバス「相川」乗換~七浦海岸線のバス「佐渡版画村」~徒歩1分

周辺スポットを地図で見る

掲載の観光スポット・イベント情報について