観光スポット・イベント情報

千葉県酪農のさと


享保13年(1728年)、徳川8代将軍吉宗がインド産とされる白牛を輸入し嶺岡牧場で飼育。その牛乳を使って乳製品を作ったことが日本の酪農の始まりと言われており、「日本酪農発祥の地」とされている。ラクダのようなコブがある珍しい真っ白な牛は人気者。資料館では、酪農の歴史、乳牛の生態、牛と農家の共存のすがたなどを楽しみながら、自由に学習できる。山の傾斜を利用した酪農広場では、山羊と触れあえ、緑に囲まれた中でのんびりと過ごせる。

  • 所在地
    千葉県南房総市大井686
  • 開園時間
    9:30~16:30(入園は16:00まで)
  • お休み
    毎週月曜(祝休日の場合は翌平日)
  • 料金
    無料
  • お問い合わせ
    千葉県酪農のさと
    Tel:0470-46-8181 
    Mail: info@e-makiba.jp
  • アクセス
    JR外房線「安房鴨川駅」から車約30分、またはJR内房線「南三原駅」から車約30分

関連ホームページ(外部サイト)へ

周辺スポットを地図で見る

掲載の観光スポット・イベント情報について