観光スポット・イベント情報

鳥海山


山形県と秋田県の県境にあり、日本海に面した東北第2の高峰で、標高2236m。出羽富士とも呼ばれ、山麓周辺の人々の守り神として、古くから崇められてきた。気象変化は激しく、四季の彩りも鮮やかで、降り積もった雪は豊富な沢水となり、幾条もの谷を刻んで広い山裾に流れ、水田を潤し、稲を育ててきた。山頂からは、北に岩木山や八幡平、男鹿半島、南に月山や朝日連峰を望むことができる。チョウカイフスマ、チョウカイアザミなど、高山植物の宝庫でもある。

  • 所在地
    山形県遊佐町、秋田県にかほ市
  • お問い合わせ
    遊佐鳥海観光協会
    Tel:0234-72-5666 
  • アクセス
    大平登山口まで/JR羽越本線「遊佐駅」から乗合タクシー(事前予約制・6月下旬~10月上旬)、またはJR羽越本線「象潟駅」から鳥海ブルーライナーバス(事前予約制・6月~10月の期間限定運行)

関連ホームページ(外部サイト)へ

関連プラン

おすすめの特集・旅行プランなど

周辺スポットを地図で見る

イベント・催し

鳥海山の高山植物

  • ハクサンフウロウ、トウゲブキ、ヨツバシオガマ、ハクサンフウロウ
    ハクサンフウロウ、トウゲブキ、ヨツバシオガマ、ハクサンフウロウ
  • コバイケイソウ
    コバイケイソウ
  • ニッコウキスゲ
    ニッコウキスゲ

標高2236m、東北第2の高峰である鳥海山は、高山植物の宝庫として全国的にも知られています。春から秋まで、さまざまな種類が花を咲かせますが、例年6月上旬から8月下旬にかけてが最盛期となります。例年6月にはニッコウキスゲやハクサンイチゲ、7月や8月に入るとイワギキョウやイワイチョウなどが、可憐に咲き競います。チョウカイアザミやチョウカイフスマといった、“チョウカイ”の名を冠する固有種が多いのも特徴です。

※イベントの内容が変更になる場合もあります。ご確認ください。

  • 開催日時
    2020年6月上旬~8月下旬
  • 開催場所
    山形県遊佐町・秋田県にかほ市 鳥海山
  • お問い合わせ
    NPO法人遊佐鳥海観光協会 0234-72-5666

関連ホームページ(外部サイト)へ

掲載の観光スポット・イベント情報について