観光スポット・イベント情報

達谷窟毘沙門堂

延暦年間、坂上田村麻呂が東北地方平定を機に創建したとされる。毘沙門堂が作られている洞窟は、田村麻呂に追い詰められた悪路王がたてこもったといわれ、御堂を建立して108体の多聞天像を祀り、達谷窟毘沙門堂と名づけられた。その洞窟は遠く気仙や岩手山と繋がっているという言い伝えがある。2度にわたる焼失で、現在の堂は1961年(昭和36年)の再建。その左方の大岩窟には高さ16.5mの大麿崖仏が刻まれていて、八幡太郎義家が弓矢で岩肌を射て、輪郭を掘って作られたという伝説もある。国指定史跡。

  • 所在地
    岩手県平泉町平泉北澤16
  • 開門時間
    8:00~17:00(季節により変動あり)
  • 料金
    大人400円、高中生100円、小学生無料
  • お問い合わせ
    達谷窟毘沙門堂(達谷西光寺)
    Tel:0191-46-4931 
  • アクセス
    JR東北本線「平泉駅」から厳美渓方面へ車約10分

関連ホームページ(外部サイト)へ

周辺スポットを地図で見る

掲載の観光スポット・イベント情報について