観光スポット・イベント情報

鎌原観音堂



江戸時代の天明3年(1783年)、浅間山の大噴火により村民のほとんどが被災し、壊滅状態となった旧鎌原村にある観音堂。噴火の際、この観音堂へ逃げ込んだ村民と村外にいた93人のみが助かったと伝わり、今もその子孫らにより守られている観音様は、厄除け信仰の対象となっている。お堂の前には石段があり、1979年の発掘調査で、土石流に埋没した石段から2遺体が見つかるなど、噴火の凄まじさを物語る。近隣の嬬恋郷土資料館では、浅間山大噴火の様子や発掘品などの展示を行っており、ガイドによる解説(※要予約)を聞くこともできる。

  • 所在地
    群馬県嬬恋村鎌原
  • お問い合わせ
    一般社団法人嬬恋村観光協会
    Tel:0279-97-3721 
  • アクセス
    JR吾妻線「万座・鹿沢口駅」からバス約5分「鎌原観音堂前」下車

関連ホームページ(外部サイト)へ

関連プラン

おすすめの特集・旅行プランなど

周辺スポットを地図で見る

掲載の観光スポット・イベント情報について