観光スポット・イベント情報

中里塞之神堂

桧木内川が集落の西側を流れていた昔、大洪水で沢の奥から流れ出て根付いた桂の木を塞之神として奉ったところ、それ以降洪水の被害も少なくなったという伝説があり、応永年間(1394~1427年)、戸沢家盛公が土賊の一揆との戦いで大勝し帰陣する際に、祠を奉ったものであると伝わる。中里では桂の木をご神体とし、塞之神への深い信仰から、長い年月の間に、豊作、結婚、子宝などの意味も習合して祈願されるようになったと考えられている。毎年旧暦1月15日には、カンデッコあげが行われる。ご神体の桂の木は市の天然記念物に指定されている。

  • 所在地
    秋田県仙北市西木町桧木内字中里
  • お問い合わせ
    西木観光案内所
    Tel:0187-42-8480 
  • アクセス
    JR田沢湖線「角館駅」から秋田内陸縦貫鉄道「羽後中里駅」~徒歩2分

周辺スポットを地図で見る

掲載の観光スポット・イベント情報について