観光スポット・イベント情報

柴又帝釈天(経栄山題経寺)

寛永年間(1629年)の開山とされ、柴又七福神の一つ毘沙門天としても有名。安永8年(1779年)に、本堂改修中の梁上から日蓮聖人作とされる帝釈天のご本尊が発見された。その日が庚申(かのえさる)であったことから、庚申の結縁の始まりとされ、庚申の日には縁日が行われ、現在も「庚申まいり」には大勢の人出で賑わう。邃渓園(すいけいえん)は東京都指定名勝、大客殿は東京都選定歴史的建造物に指定されている。

  • 所在地
    東京都葛飾区柴又7-10-3
  • 開門時間
    5:00~20:00(閉堂18:00)
  • お休み
    庭園/12月28日~1月3日
  • 料金
    彫刻ギャラリー庭園/400円
  • お問い合わせ
    柴又帝釈天(経栄山題経寺)
    Tel:03-3657-2886 
  • アクセス
    JR常磐線「金町駅」から京成線「柴又駅」~徒歩3分、またはJR常磐線「金町駅」から「小岩行」の京成バス約10分「柴又帝釈天」下車、またはJR総武線「小岩駅」から「金町行」の京成バス約20分「柴又帝釈天」下車

関連ホームページ(外部サイト)へ

周辺スポットを地図で見る

掲載の観光スポット・イベント情報について