観光スポット・イベント情報

雲洞庵

  • 本堂 正面外観
    本堂 正面外観
  • 赤門
    赤門
  • 石畳の参道
    石畳の参道

本尊釈迦牟尼仏、脇侍、迦葉尊者、阿難尊者、十六羅漢を安置する曹洞宗の寺院。本堂は室町の永享年間、上杉憲実によって建立され、宝永4年(1707年)に新潟県出雲崎の大工群により再建された。赤門(仁王門)から本堂までの石畳の下に、法華経が一字一石に記し埋められ、踏みしめてお参りすると、罪業消滅、万福多幸の利益に預かるといわれている。宝物殿では上杉景勝公遺墨、武田信玄公書状、北高禅師「火車落としの袈裟」、戦国時代の武将の古文書などを展示している。

  • 所在地
    新潟県南魚沼市雲洞660
  • 開門時間
    夏期(4月中旬~11月30日)/9:00~17:00(受付は16:30)、冬期(12月1日~4月中旬)/10:00~15:30(受付は15:00)
  • お休み
    毎週水曜(祝日、お盆、正月等除く)
  • 料金
    大人300円、小学生100円
  • お問い合わせ
    雲洞庵
    Tel:025-782-0520 
  • アクセス
    JR上越線「六日町駅」から車約10分、または上越新幹線「越後湯沢駅」から車約30分

関連ホームページ(外部サイト)へ

周辺スポットを地図で見る

掲載の観光スポット・イベント情報について