観光スポット・イベント情報

乗鞍高原温泉

  • 提供:信州・長野県観光協会
    提供:信州・長野県観光協会

北アルプス乗鞍岳の東山麓(標高1500m)に湧く乗鞍高原温泉。昭和51年(1976年)に乗鞍岳の中腹にある源泉から引湯して誕生した新しい温泉。泉質はレジオネラ菌が住みつけないほどの強酸性で強い殺菌力を持ち、皮膚病などに効果的とされる。乗鞍高原はスイスを思わせる気候で、もともとは夏の避暑に、冬のスキーに賑わった高原リゾート、旅館やペンションなどが数多く点在する。共同浴場もあり、日帰り入浴を受け入れる宿もある。

泉質-酸性硫化水素/泉温-49度/効能-高血圧、動脈硬化、リューマチ、糖尿病、婦人病、ニキビ、水虫

  • 所在地
    長野県松本市安曇乗鞍高原
  • お問い合わせ
    乗鞍高原観光案内所
    Tel:0263-93-2147 
  • アクセス
    JR中央本線「松本駅」から松本電鉄「新島々駅」~「乗鞍高原方面行」のバス約50分~「鈴蘭」下車

関連ホームページ(外部サイト)へ

関連プラン

おすすめの特集・旅行プランなど

周辺スポットを地図で見る

掲載の観光スポット・イベント情報について