観光スポット・イベント情報

湯涌温泉



  • 7月下旬~10月上旬の様子
    7月下旬~10月上旬の様子

金沢市の東部、自然環境に恵まれた医王山麓に湧く湯涌温泉。養老2年(718年)、白鷺が飛び立ったあとに湯が湧いているのを農夫が見つけたといわれ、藩政時代には、加賀藩主の湯治場として加賀藩の「かくし湯」であった。兼六園にも近く「金沢の奥座敷」として文人墨客に愛され、詩人画家の竹久夢二が愛人の彦乃と滞在していたことでも知られる。共同浴場の総湯「白鷺の湯」には、女湯には露天、男湯には寝湯があり、地元の人や観光客らで賑わう。

泉質-無色透明のナトリウム、カルシウムー塩化物、硫酸塩泉(低張性弱アルカリ性温泉)/泉温-41度/効能-外傷、皮膚病、リウマチ、神経痛など

  • 所在地
    石川県金沢市湯涌町
  • お問い合わせ
    湯涌温泉観光協会
    Tel:076-235-1040 
  • アクセス
    JR「金沢駅」東口から「湯涌温泉行」のバス約45分「湯涌温泉」下車

関連ホームページ(外部サイト)へ

関連プラン

おすすめの特集・旅行プランなど

周辺スポットを地図で見る

掲載の観光スポット・イベント情報について