観光スポット・イベント情報

鳴子温泉

  • 提供:鳴子温泉郷観光協会
    提供:鳴子温泉郷観光協会

荒雄川の南側に広がる鳴子温泉は、鳴子温泉郷の中心で、近代的なホテルや大型旅館が建ち並ぶ賑やかな温泉街。承和4年(837年)に鳴子山が大爆発し、熱湯が轟音をあげて噴出したことから、「鳴郷の湯」と名付けられたとする説がある。飯坂温泉、秋保温泉とともに奥州三名湯に数えられ、伝統こけし、鳴子こけしの里としても名高い。鳴子火山の噴火口にできたカルデラ湖の潟沼は、日本有数の酸性湖で周囲に硫黄の匂いが漂う。

泉質-硫黄泉/泉温-90~130度/効能-高血圧症、動脈硬化症、切り傷、やけど、慢性便秘症、慢性皮膚病、慢性婦人病、糖尿病

  • 所在地
    宮城県大崎市鳴子温泉湯元
  • お問い合わせ
    鳴子観光・旅館案内センター
    Tel:0229-83-3441 
  • アクセス
    JR陸羽東線「鳴子温泉駅」から徒歩1分

関連ホームページ(外部サイト)へ

関連プラン

おすすめの特集・旅行プランなど

周辺スポットを地図で見る

掲載の観光スポット・イベント情報について