観光スポット・イベント情報

能護寺(あじさい寺)


天平15年(743年)に建設された真言宗の古刹。国家安穏、万民豊楽と五穀豊穣を祈願のため行基上人が開山し、後に弘法大師空海が再建したと伝わる。「あじさい寺」としても親しまれており、6月上旬から下旬にかけて、境内を50種類800株以上のあじさいが彩る。市指定文化財の鐘楼堂の梵鐘は、元禄14年(1701年)に鋳造されたもの。鐘楼堂を背景に、色とりどりの花が映える風景を望める。

  • 所在地
    埼玉県熊谷市永井太田1141
  • 参観時間
    入園自由(あじさい開花時期は8:00~17:00)
  • お休み
    無休
  • 料金
    無料 ※あじさい開花時期は300円(18歳未満は無料)
  • お問い合わせ
    熊谷市妻沼行政センター地域振興係
    Tel:048-588-1321 能護寺は048-588-0901
  • アクセス
    JR高崎線「熊谷駅」から朝日バス「妻沼聖天前」~車約5分、またはJR高崎線「籠原駅」から車約15分

関連ホームページ(外部サイト)へ

周辺スポットを地図で見る

掲載の観光スポット・イベント情報について