観光スポット・イベント情報

川越大師喜多院



天長7年(830年)、慈覚大師円仁の創建とされる天台宗の寺院。「家光誕生の間」のある客殿、家光の乳母春日局の「化粧の間」のある書院、あわせて庫裏などは、江戸城から移築された。日本三大羅漢の一つに数えられる喜多院の五百羅漢は、天明2年(1782年)から文政8年(1825年)の約50年間にわたり造立されたもので、笑ったり、泣いたり、怒ったり、ヒソヒソ話をしたりと、さまざまな表情を見せ、人々の心を惹きつける。

  • 所在地
    埼玉県川越市小仙波町1-20-1
  • 開門時間
    9:00~16:00
  • お休み
    【拝観休み】2月2日~3日、4月2日~5日、4月下旬と5月上旬の宝物特別展開催日の前後日、院内行事のある日、12月25日~1月8日
  • 料金
    拝観料/大人(高校生以上)400円、子ども(中小生)200円 ※境内は見学自由
  • お問い合わせ
    喜多院拝観寺務所
    Tel:049-222-0859 (9:00~16:00)
  • アクセス
    JR川越線「川越駅」から徒歩20分もしくは観光循環バス「喜多院前」下車

関連ホームページ(外部サイト)へ

周辺スポットを地図で見る

掲載の観光スポット・イベント情報について