観光スポット・イベント情報

養老渓谷温泉




千葉県の市原市と大多喜町にまたがる境目の、養老川のほとりに湧く温泉。川沿いを中心に、約10軒の宿や、日帰り温泉、足湯施設などが点在し、房総随一の温泉郷として古くから愛されている。源泉の温度は15度~20度前後の黒湯で、しっとりとした肌触り。各施設で自家源泉を所有しているが、場所により微妙に効能が違うという。房総半島の中央を南から北へ流れる養老川沿いに広がる養老渓谷は、ツツジや紅葉の名所として知られる。ゆるやかな岩肌を100mも流れ落ちる粟又の滝をはじめとした景勝ポイントが多数あり、ハイキングなどのアウトドアが楽しめる。

泉質-塩化物泉、炭酸水素塩泉、ナトリウム炭酸水素塩泉(場所により異なる)/泉温-15~20度(場所により異なる)/効能-神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじきなど

  • 所在地
    千葉県市原市戸面、大多喜町小田代
  • お問い合わせ
    養老渓谷観光協会
    Tel:0436-96-0055 
  • アクセス
    JR内房線「五井駅」から小湊鉄道「養老渓谷駅」~徒歩30分もしくは車約5分

関連ホームページ(外部サイト)へ

関連プラン

おすすめの特集・旅行プランなど

周辺スポットを地図で見る

掲載の観光スポット・イベント情報について