観光スポット・イベント情報

宇都宮城址公園



宇都宮市街地南部の丘陵にある、宇都宮城跡を整備した市民憩いの公園。城の歴史は古く、一説では天慶3年(940年)、藤原秀郷が下野押領使として館を構えたのが始まりとされる。本格的な城郭は、康平6年(1063年)初代城主、藤原宗円によって築かれ、「釣り天井」の伝説で知られる本多正純の時代に、城と城下町の大改造が行われ、宇都宮の街の原形がつくられた。戌辰の役(明治元年)の兵火により大部分が焼失したが、平成19年(2007年)3月に、櫓、土塁、土塀、堀の一部が復元され、公園として甦った。宇都宮の歴史や文化財に関する資料を展示する「清明館」や、城の模型などを展示する「宇都宮城ものしり館」、観光情報発信コーナー「まちあるき情報館」がある。毎月第3日曜に櫓2階が無料開放される。

  • 所在地
    栃木県宇都宮市本丸町
  • 料金
    無料
  • お問い合わせ
    宇都宮市都市整備部公園管理課
    Tel:028-632-2989 
    Mail: u55002200@city.utsunomiya.tochigi.jp
  • アクセス
    JR「宇都宮駅」から宇都宮市内循環(きぶな線)の関東バス約15分「市役所前」・「宇都宮城址公園入口」~徒歩2分、またはJR「宇都宮駅」から関東バス約5分「馬場町(二荒山神社前)」~徒歩10分

関連ホームページ(外部サイト)へ

関連プラン

おすすめの特集・旅行プランなど

周辺スポットを地図で見る

掲載の観光スポット・イベント情報について