観光スポット・イベント情報

南陽の菊まつり




全国一の歴史と技と文化を誇る「南陽の菊まつり」が、2021年で第109回を迎え開催されます。10月8日~18日は、宮内会場である熊野大社の境内と参道が、フラワーアートで装飾されます。10月19日~11月7日は、花公園会場が南陽市菊花展や玉菊で彩られ、華麗に咲き揃った菊花を観賞することができます。2会場とも菊人形が展示され、宮内会場では菊人形×フラワーアート「太々神楽」が、花公園会場では「NHK大河ドラマ 青天を衝け」の情景を表現した伝統的な菊人形が楽しめます。※花公園会場(南陽市中央花公園)まで/JR奥羽本線「赤湯駅」から車約5分

※イベントの内容が変更になる場合もあります。ご確認ください。

  • 開催日時
    2021年10月8日~11月7日
    9:00~16:00  宮内会場(熊野大社周辺)/10月8日~18日、花公園会場(南陽市中央花公園)/10月19日~11月7日
  • 開催場所
    山形県南陽市 宮内会場(熊野大社周辺)、花公園会場(南陽市中央花公園)
  • イベント料金
    入場無料
  • 主催
    南陽市菊まつり実行委員会
  • お問い合わせ
    南陽市観光協会 0238-40-2002

関連ホームページ(外部サイト)へ

開催場所の詳細


熊野大社

東北の伊勢と言われ、日本三熊野の一つに数えられる。春と秋の参宮では、伊勢神宮より直伝を許された日本最古の神楽である「太々神楽」が奉納される。境内には、かつて源義家が後三年の役の必勝を祈願し、家臣・鎌倉権五郎景政に命じて植えさせたといわれる根周7.7mの県指定天然記念物・大銀杏がある。

  • 所在地
    山形県南陽市宮内
  • お問い合わせ
    熊野大社社務所
    Tel: 0238-47-7777 
  • アクセス
    山形新幹線・JR奥羽本線「赤湯駅」から山形鉄道フラワー長井線「宮内駅」~徒歩15分

関連ホームページ(外部サイト)へ

関連プラン

おすすめの特集・旅行プランなど

周辺スポットを地図で見る

掲載の観光スポット・イベント情報について