観光スポット・イベント情報

虹をかける:原美術館/原六郎コレクション


1979年より40年余りにわたり現代美術専門館として活動してきた「原美術館」と、1988年に開館した別館「ハラミュージアム アーク」が統合し、2021年4月に誕生した「原美術館ARC」で、開館後初となる展覧会「虹をかける:原美術館コレクション」が開催されます。同館のコレクションの核となる「原美術館コレクション」(現代美術)と「原六郎コレクション」(東洋古美術)から、性別も国籍も文化も異なるアーティストたちの多様な表現が紹介されます。第1期では、現代美術からアンディウォーホルや艾未未(アイウェイウェイ)など、古美術から狩野探幽「龍虎図」などが、第2期では、現代美術から横尾忠則やピピロッティリストなど、古美術から狩野派「雲龍図」などが、通期では、奈良美智、森村泰昌、草間彌生などの作品が展示され、見所の多い構成となっています。

※イベントの内容が変更になる場合もあります。ご確認ください。

  • 開催日時
    第1期:2021年4月24日~9月5日  第2期:9月11日~2022年1月10日
    9:30~16:30(入館は16:00まで) ※休館日は毎週木曜(祝日・8月を除く)、展示替え期間、1月1日
  • 開催場所
    群馬県渋川市 原美術館ARC
  • イベント料金
    一般1100円、大高生700円、中小生500円、70歳以上550円
  • 主催
    原美術館ARC
  • お問い合わせ
    原美術館ARC 0279-24-6585

関連ホームページ(外部サイト)へ

開催場所の詳細

  • ジャン=ミシェル オトニエル「Kokoro」2009年
    ジャン=ミシェル オトニエル「Kokoro」2009年

原美術館ARC

群馬県渋川市、上毛三山のひとつに数えられる榛名山麓の高原にある美術館。現代美術の「原美術館コレクション」を中心とした展覧会や、草間彌生、奈良美智、宮島達男らの長期展示作品など見ることができる。書院造をモチーフとした特別展示室「觀海庵」では、国宝、重要文化財を含む東洋古美術からなる「原六郎コレクション」と現代美術の競演を楽しめる。「建築界のノーベル賞」とも言われるプリツカー賞を2019年に受賞した建築家・磯崎新の手による建築も見どころのひとつ。豊かな緑と広い空、アートとともに、ゆったりとした休日のひとときを過ごすことができる。

  • 所在地
    群馬県渋川市金井2855-1
  • 開館時間
    9:30~16:30(入館は16:00まで)
  • お休み
    毎週木曜(祝日・8月を除く)、展示替え期間
  • 料金
    一般1100円、大高生700円、中小生500円、70歳以上550円
  • お問い合わせ
    原美術館ARC
    Tel: 0279-24-6585 
    Mail: arc@haramuseum.or.jp
  • アクセス
    JR上越線・吾妻線「渋川駅」から「伊香保温泉行」のバス約15分「グリーン牧場前」~徒歩5分

関連ホームページ(外部サイト)へ

関連プラン

おすすめの特集・旅行プランなど

周辺スポットを地図で見る

掲載の観光スポット・イベント情報について