観光スポット・イベント情報

Thank You Memory -醸造から創造へ-


2020年7月11日グランドオープンする弘前れんが倉庫美術館で、春夏シーズン企画展として「Thank You Memory -醸造から創造へ-」が開催されます。明治・大正期の近代産業遺産として、弘前のランドマークともいえる吉野町煉瓦倉庫を改修した館内で、その可能性を最大限に生かした自由で柔軟な方法により、尹秀珍(イン・シウジェン)、ジャン=ミシェル・オトニエル、笹本晃、畠山直哉、藤井光、奈良美智、ナウィン・ラワンチャイクン、潘逸舟らの作品が展示されます。弘前出身や縁のあるアーティストらを招聘し、アーティストと観客の橋渡しとなるプロジェクトや各種パブリック・プログラムを行う企画「弘前エクスチェンジ」にも注目です。

※イベントの内容が変更になる場合もあります。ご確認ください。

  • 開催日時
    2020年6月1日~9月22日<7月11日グランドオープン>
    9:00~17:00 ※7月5日までは青森県民のみ入館可(予約制)
  • 開催場所
    青森県弘前市 弘前れんが倉庫美術館
  • イベント料金
    観覧料/一般1300円、大学生・専門学校生1000円、高校生以下・弘前市内の留学生・65歳以上の弘前市民は無料
  • お問い合わせ
    弘前れんが倉庫美術館

関連ホームページ(外部サイト)へ

開催場所の詳細

  • (c)Naoya Hatakeyama
    (c)Naoya Hatakeyama
  • (c)Naoya Hatakeyama
    (c)Naoya Hatakeyama

<2020年7月11日グランドオープン>弘前れんが倉庫美術館

<2020年7月11日グランドオープン>明治・大正期の近代産業遺産として、弘前のランドマークのひとつである吉野町煉瓦倉庫を改修した美術館。「記憶の継承」をコンセプトに、建築家、田根剛氏による設計で、外観は、日本で初めて大々的にシードルを製造した工場としての歴史を象徴するべく、光の角度により発色するシードル・ゴールドの屋根が特徴。館内には、5つの展示室、貸出用の3つのスタジオ、市民ギャラリーや無料で利用できるライブラリースペースがある。建築や地域にあわせたコミッション・ワークを重視し、弘前ならではのコレクションを形成することを目標とするとともに、煉瓦倉庫の可能性を最大限に生かした自由で柔軟な方法で空間を活用し、通年で多彩なプログラムを提供する。

  • 所在地
    青森県弘前市吉野町2-1
  • 開館時間
    9:00~17:00 ※毎週金土曜は、スタジオ、市民ギャラリー、ライブラリーのみ21:00まで開館 ※特別夜間開館/7月11日18:30~20:30(最終入館20:00)
  • お休み
    毎週火曜(祝日の場合は翌日に振替)、年末年始
  • 料金
    ※展覧会により異なる
  • お問い合わせ
    弘前れんが倉庫美術館
    Tel: 0172-32-8950 
  • アクセス
    JR奥羽本線「弘前駅」から徒歩20分もしくは弘南バス「住吉入口」~徒歩2分

関連ホームページ(外部サイト)へ

関連プラン

おすすめの特集・旅行プランなど

周辺スポットを地図で見る

掲載の観光スポット・イベント情報について