観光スポット・イベント情報

憾満ケ淵の紅葉




「含満ケ淵(がんまんがふち)」とも称され、荒々しい流れを見せる奇勝、憾満ケ淵(かんまんがふち)では、例年10月下旬になると周辺の木々が赤や黄色に色づき、男体山から噴出した溶岩によりできた雄々しい岩肌に彩りを添えます。川岸には、巨岩の上に造立された不動明王があるほか、南岸には似たような形のため何度数えても数が違うと言われる「化地蔵(ばけじぞう)」と名のついた地蔵約70体が並びます。1654年創建の慈雲寺や、本堂から少し上流にある霊庇閣などが美しい紅葉の中に静かに佇みます。

※イベントの内容が変更になる場合もあります。ご確認ください。

  • 開催日時
    2019年10月下旬~11月上旬
  • 開催場所
    栃木県日光市 憾満ケ淵(含満ケ淵)
  • お問い合わせ
    一般社団法人日光市観光協会 0288-22-1525

開催場所の詳細

憾満ケ淵(含満ケ淵)

  • 所在地
    栃木県日光市匠町
  • アクセス
    JR日光線「日光駅」から「中禅寺温泉行」「湯元温泉行」のバス「総合会館前」~徒歩15分

掲載の観光スポット・イベント情報について