観光スポット・イベント情報

大沼国定公園の紅葉


道内でも最も古い自然公園の一つである大沼国定公園では、例年10月下旬に紅葉のピークを迎えます。9083万平方mもの広い敷地では、イタヤカエデ、カシワ、ウルシ、ナラ類、ツタ類など多数の紅葉が見られ、大沼湖周辺などが人気の紅葉スポットとして知られます。野鳥の宝庫としても有名で、バードウォッチングのほか、ボートやカヌー、サイクリングなどを楽しむ人々で賑わいます。

※イベントの内容が変更になる場合もあります。ご確認ください。

  • 開催日時
    2019年10月中旬~下旬
  • 開催場所
    北海道七飯町 大沼国定公園
  • お問い合わせ
    大沼国際交流プラザ 0138-67-2170

関連ホームページ(外部サイト)へ

開催場所の詳細



大沼国定公園

明治36年(1903年)から北海道の道立公園として自然が守られ、公園施設が整備されてきた。道内でも最も古い自然公園の一つで、昭和33年(1958年)国定公園の指定を受けた。「大沼」「小沼」「じゅんさい沼」の3つの湖と、大小126もの島々が浮かび、いくつかの島々はアーチ状の橋を渡って散策することができる。一帯は野鳥、植物などの宝庫としても知られる。ボートやカヌー、サイクリングなどもできる。

  • 所在地
    北海道七飯町字大沼町
  • 開園時間
    入園自由
  • お休み
    無休
  • 料金
    無料
  • お問い合わせ
    大沼国際交流プラザ(大沼観光案内所)
    Tel: 0138-67-2170 
  • アクセス
    JR函館本線「大沼公園駅」から徒歩5分

関連ホームページ(外部サイト)へ

周辺スポットを地図で見る

掲載の観光スポット・イベント情報について