イベント・祭り アーカイブ

谷地ひなまつり

月遅れの4月2日、3日に、北口通りを中心に行われ、「ひな市」が立つ。市には雛人形・だるま・玩具などのほか、雛節句用の食品や一般日用品が並ぶ。谷地城主・白鳥十郎が開いた旧暦3月1日の市がちょうど雛の節句にあたるもので、いつしかそれが「節句市」「おひな市」と呼ばれるように。谷地のひなまつりが全国的に有名になったのは小さな町ながら立派な雛が数多く残っていることと、その収集保存が庶民の手によって行われているからである。

前回の情報

<2020年は中止となりました>ひなまつり発祥の地といわれる谷地では、月遅れの4月2日と3日(2020年は4月4日と5日)に、地区をあげてひなまつりが行われ、通りには「ひな市」が立ちます。約450年前から多くの市が開かれ、なかでも旧暦3月2日の市が雛の節句にあたることから、「節句市」や「おひな市」などと呼ばれるようになりました。時代雛の自宅公開もあり、古いお雛様や紙びな(形代)に雛料理が供えられます。秋葉神社では、健康と幸福を願う神事「ひな供養」が催され、多くの人で賑わいます。

JRさくらんぼ東根駅からどんがホール間で臨時バス運行

※イベントの内容が変更になる場合もあります。ご確認ください。

  • 開催日時
    2020年4月4日~5日<中止となりました>
    時代雛自宅公開/会場により異なる
  • 開催場所
    山形県河北町 ひな市通り、秋葉神社 ほか
  • イベント料金
    観覧有料会場あり
  • 主催
    谷地ひなまつり実行委員会
  • お問い合わせ
    河北町観光協会 0237-72-3787

関連ホームページ(外部サイト)へ

開催場所

ひな市通り、秋葉神社 ほか

  • 所在地
    山形県河北町谷地
  • アクセス
    JR奥羽本線「さくらんぼ東根駅」から路線バス約20分「役場前」下車

イベント・祭り アーカイブの一覧へ

掲載の観光スポット・イベント情報について