イベント・祭り アーカイブ

仙台・青葉まつり

起源は承応4年(1655年)に行われた東照宮のまつりで、毎年5月中旬に開催される。当時は藩をあげて行われており、最大70基の山鉾が城下を練り歩いていた。 現在の青葉まつりは伊達政宗没後350年を迎えた昭和60年に市民のまつりとして復活したもので、仙台3大まつりのひとつとして定着している。 当時、泉州・堺から来ていた石工たちが、即興で披露した踊りにはじまるといわれる「すずめ踊り」には子どもからお年寄りまで多数の市民が参加する。

前回の情報

杜の都仙台の初夏の風物詩「仙台・青葉まつり」が開催されます。土曜の宵まつりでは、郷土芸能の「仙台すずめ踊り」が街中にあふれ、約4000人にもおよぶ雀たちが小気味よいリズムで飛び跳ね踊る姿は圧巻の眺めです。日曜の本まつりでは、伊達政宗公を祀る青葉神社の神輿渡御をはじめ、甲冑に身を包んだ勇壮な伊達時代行列に、豪華絢爛な11基の山鉾といった時代絵巻の大パノラマが楽しめます。城下町の賑わいの中、両日開催の「杜の市」には宮城や仙台のおいしいものが大集合するほか、「伊達縁」では昔ながらの遊びが楽しめる屋台や寄席、茶屋など、参加して楽しめる企画が盛りだくさんに行われます。

※イベントの内容が変更になる場合もあります。ご確認ください。

  • 開催日時
    2019年5月18日~19日
    【18日】10:00~21:00  【19日】9:00~19:00
  • 開催場所
    仙台市 市民広場、勾当台公園、定禅寺通りほか市内中心部
  • 主催
    仙台・青葉まつり協賛会
  • お問い合わせ
    仙台・青葉まつり協賛会事務局 022-223-8441 info@aoba-matsuri.com

関連ホームページ(外部サイト)へ

開催場所

市民広場、勾当台公園、定禅寺通り

  • 所在地
    宮城県仙台市
  • アクセス
    JR「仙台駅」から徒歩20分もしくは地下鉄「勾当台公園駅」~徒歩1分

イベント・祭り アーカイブの一覧へ

掲載の観光スポット・イベント情報について