観光スポット・イベント情報

助川海防城跡


幕末、常陸沖に異国船が頻繁に出没するようになったため、海防を目的として築かれた城跡。水戸藩9代藩主徳川斉昭の命により、山野辺氏が、太平洋を一望できる高台に築いた。その後、元治元年(1864年)の天狗党と諸生党の争い(天狗党の乱)に巻き込まれ、落城。当時を物語るものとして残るのは、土塁のほか、本丸表門の礎石や、二の丸の鳩石などである。現在、本丸跡やその周辺は「助川城跡公園」として整備され、春に梅と桜、秋はもみじなどが楽しめる、市民の憩いの場となっている。県指定史跡。

  • 所在地
    茨城県日立市助川町5-10-4
  • お問い合わせ
    日立市郷土博物館
    Tel:0294-23-3231 
  • アクセス
    JR常磐線「日立駅」から車約10分もしくはバス「鳩ヶ丘」~徒歩5分

関連ホームページ(外部サイト)へ

関連プラン

おすすめの特集・旅行プランなど

周辺スポットを地図で見る

掲載の観光スポット・イベント情報について