観光スポット・イベント情報

那珂湊反射炉跡


幕末、国防の要ともなった水戸藩の鉄製大砲鋳造所跡。吾妻台と呼ばれる那珂川を見下ろす丘陵地に建設され、現在のあづまが丘公園内に位置する。水戸藩9代藩主、斉昭公の命により、異国船が往来するようになった海岸の防備のため、鉄製の大砲を製造するのに必要だった反射炉が、安政4年(1857年)までに2棟建設された。元治元年(1864年)、元治甲子の乱により、反射炉は破壊されたが、昭和12年(1937年)、地元の有志により、当時の煉瓦を用いた実物に近い復元模型が完成し、往時の姿を偲ばせている。平成16年(2004年)に県の史跡に指定された。

  • 所在地
    茨城県ひたちなか市栄町1-10
  • お問い合わせ
    ひたちなか市教育委員会総務課文化財室
    Tel:029-273-0111 
  • アクセス
    JR常磐線「勝田駅」からひたちなか海浜鉄道湊線「那珂湊駅」~徒歩15分

関連ホームページ(外部サイト)へ

関連プラン

おすすめの特集・旅行プランなど

周辺スポットを地図で見る

掲載の観光スポット・イベント情報について