観光スポット・イベント情報

大船遺跡

  • 大船遺跡 整備後空撮 所蔵:函館市教育委員会
    大船遺跡 整備後空撮 所蔵:函館市教育委員会
  • 大船遺跡 大型住居 提供:函館市
    大船遺跡 大型住居 提供:函館市
  • 大船遺跡 整備後の様子 提供:函館市
    大船遺跡 整備後の様子 提供:函館市

縄文時代前期後半から中期後半(約5000~4000年前)の、約1000年間にわたり継続したと推定される大規模な集落の遺跡で、国の史跡に指定されている。集落は、大舟川に沿った台地上に帯状に構成されたと見られ、発見された竪穴建物跡は100棟を超える。祭祀の場と考えられる盛土遺構や、貯蔵穴、土坑墓なども確認されており、現在は、これら竪穴建物や盛土遺構を復元した「縄文のにわ」、植樹活動で当時の環境の再現を目指す「縄文の森」のほか体験学習広場が整備され、自由に見学することができる。遺跡に隣接する大船遺跡管理棟では、大船遺跡をはじめ南茅部地域の主な縄文遺跡について、ジオラマやパネル展示により紹介している。

  • 所在地
    北海道函館市大船町
  • 開館時間
    【大船遺跡管理棟】9:00~17:00 ※冬期間は積雪のため立ち入りできない場合あり
  • お休み
    【大船遺跡管理棟】11月中旬~4月下旬
  • 料金
    無料
  • お問い合わせ
    函館市縄文文化交流センター
    Tel:0138-25-2030 
    Mail: Jomon-center@hjcc.jp
  • アクセス
    JR函館本線「函館駅」から車約1時間10分もしくは「鹿部・古部行」の函館バス約1時間30分「大船小学校前」~徒歩10分

関連ホームページ(外部サイト)へ

関連プラン

おすすめの特集・旅行プランなど

周辺スポットを地図で見る

掲載の観光スポット・イベント情報について