観光スポット・イベント情報

国史跡白山平泉寺旧境内

  • 平泉寺拝殿
    平泉寺拝殿
  • 南谷門土塀
    南谷門土塀
  • 菩提林石畳
    菩提林石畳

霊峰白山の越前側登拝口に広がる白山平泉寺の旧境内は、国の史跡に指定されている。約1300年前、泰澄によって開かれたとされる白山信仰の拠点寺院、平泉寺は、中世の北陸において有数の勢力を有し、広大な境内に、数十の堂や社、数千におよぶ坊院が建ち並んでいたといわれる。現在は、天正2年(1574年)の一向一揆により消失した遺構の発掘がすすんでおり、中世平泉寺の全容が明らかになりつつある。白山国立公園内に位置し、白山神社の苔生した境内や、「歴史の道百選」に選ばれている平泉寺と白山を結ぶ越前禅定道など、歴史ロマン溢れるエリアとして注目されている。観光ガイドによる見学コースの設定がある(※事前予約が必要/勝山市商工観光・ふるさと創生課:0779-88-8117)。

  • 所在地
    福井県勝山市平泉寺町平泉寺
  • 開門時間
    境内見学自由
  • 料金
    無料 ※旧玄成院庭園のみ拝観料50円
  • お問い合わせ
    白山平泉寺歴史探遊館まほろば
    Tel:0779-87-6001 
  • アクセス
    平泉寺白山神社まで/JR「福井駅」からえちぜん鉄道「勝山駅」~コミュニティバス「平泉寺神社前」下車

関連ホームページ(外部サイト)へ

関連プラン

おすすめの特集・旅行プランなど

周辺スポットを地図で見る

掲載の観光スポット・イベント情報について