観光スポット・イベント情報

六角堂


近代日本美術の発展に大きく貢献した思想家の岡倉天心による設計の六角形の建物。明治38年(1905年)の建設で、杜甫の草堂、仏堂、茶室を兼ね備え、朱塗りの外壁と屋根に宝珠を装っており、天心は「観瀾亭」と呼んでいた。朱色と緑の松林、青い海と白波が織りなす風景は、まるで一枚の絵画のようとも称される美しさ。平成23年(2011年)の東日本大震災により土台を残し倒壊したため、現在の建物は平成24年(2012年)に再建されたもの。

  • 所在地
    茨城県北茨城市大津町五浦727-2
  • 公開時間
    4月~9月/8:30~17:30、10月・2月~3月/8:30~17:00、11月~1月/8:30~16:30(入場は30分前まで)
  • お休み
    毎週月曜 ※祝休日の場合は翌日
  • 料金
    高校生以上400円、中学生以下無料
  • お問い合わせ
    北茨城市観光協会
    Tel:0293-43-1111 
    Mail: kita-kan@isis.ocn.ne.jp
  • アクセス
    JR常磐線「大津港駅」から車約5分

関連ホームページ(外部サイト)へ

関連プラン

おすすめの特集・旅行プランなど

周辺スポットを地図で見る

掲載の観光スポット・イベント情報について