観光スポット・イベント情報

姨捨の棚田

  • (c)信州千曲観光局
    (c)信州千曲観光局

傾斜地に広がる棚田(段々状に造られた小さな水田)は、江戸時代中頃から明治時代初期にかけて開田されたもので、現在75ha、約1800枚が現存している。この棚田のもつ土地の保全機能や、眼下に広がる善光寺平、周囲の山々とあわせて形作る景観が評価され、平成11年(1999年)に、棚田として全国ではじめて国の名勝に指定、平成22年(2010年)2月には、県内ではじめて国の重要文化的景観に選定された。「日本の棚田百選」にも認定されている。日没後、対岸の鏡台山から昇る名月と月影を宿す様子は、古来より「田毎の月」と呼ばれてきたもの。山水画にも似た風景は、多数の句や歌、伝説を生み出している。

  • 所在地
    長野県千曲市大字八幡字姨捨
  • お問い合わせ
    一般社団法人信州千曲観光局
    Tel:026-261-0300 
  • アクセス
    JR篠ノ井線「姨捨駅」下車

関連ホームページ(外部サイト)へ

関連プラン

おすすめの特集・旅行プランなど

周辺スポットを地図で見る

掲載の観光スポット・イベント情報について