観光スポット・イベント情報

熱海温泉

  • 大湯間歇泉
    大湯間歇泉

伊豆半島の付け根に湧く熱海温泉は日本を代表する一大温泉郷で、伊豆最古の記録である「伊豆国風土記」に「伊豆国の神の湯」と記載があるほどの古湯。海中から湯が湧きあがり海が熱くなったことから「熱海(あつうみ)」、転じて「あたみ」と称されるようになったという。江戸時代には徳川御三家を筆頭に、小倉城主細川忠利、鹿児島城主島津光久、奥州城主伊達忠宗をはじめ、多くの大名が訪れた。明治に入り、熱海を舞台とした尾崎紅葉の「金色夜叉」が発表されると、庶民の間にも一躍名が知れわたり、全国から観光客が押し寄せるようになった。現在は源泉数が500か所を超え、数え切れないほどの宿泊施設や昔ながらの共同浴場、最新式のスパリゾートなどが賑やかな温泉街を形成している。

泉質-塩化物泉、硫酸塩泉、単純温泉、アルカリ性単純温泉/泉温-50~95度/効能-神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、虚弱児童、病後回復期など

  • 所在地
    静岡県熱海市
  • お問い合わせ
    熱海市観光協会
    Tel:0557-85-2222 
    Mail: info@ataminews.gr.jp
  • アクセス
    JR東海道本線「熱海駅」下車

関連ホームページ(外部サイト)へ

関連プラン

おすすめの特集・旅行プランなど

周辺スポットを地図で見る

掲載の観光スポット・イベント情報について