観光スポット・イベント情報

伊香保温泉



  • (社)伊香保温泉観光協会
    (社)伊香保温泉観光協会

群馬県のほぼ中央、赤城山や三国連山を望む、榛名山北東の斜面に広がる温泉。伊香保の名は、「万葉集」や「古今和歌集」にも詠まれ、温泉の発見は約1900年前ともいわれる。明治時代には夏目漱石、萩原朔太郎、野口雨情など多くの文人たちに愛され、徳富蘆花の「不如帰(ほととぎす)」の舞台として、全国に知られるようになった。戦国時代の終わり頃に造られた石段街を挟むようにして、宿や土産店が建ちならぶさまは情緒にあふれる。「黄金の湯」の茶褐色の「湯の花まんじゅう」は、全国各地にある温泉饅頭の先駆けといわれている。

(黄金の湯)泉質-硫酸塩泉/泉温-42~45度(湯槽/39~43度)/効能-切り傷、やけど、慢性便秘症、慢性皮膚病、慢性婦人病、アトピー性皮膚炎など (白銀の湯)泉質-メタけい酸単純泉/泉温-/効能-疲労回復、病後回復、健康増進

  • 所在地
    群馬県渋川市伊香保町
  • お問い合わせ
    渋川伊香保温泉観光協会
    Tel:0279-72-3151 
  • アクセス
    JR「高崎駅」もしくはJR上越線・吾妻線「渋川駅」から「伊香保温泉行」のバス「伊香保バスターミナル」下車

関連ホームページ(外部サイト)へ

関連プラン

おすすめの特集・旅行プランなど

周辺スポットを地図で見る

掲載の観光スポット・イベント情報について