観光スポット・イベント情報

北海道立函館美術館


五稜郭公園に隣接する美術館。函館や道南地域における美術文化センターとして1986年9月に開館以来、「道南の美術」「書と東洋美術」「文字と記号に関わる現代美術」を中心とする近代以降のすぐれた作品を収集する一方、さまざまな時代、分野にわたる企画展を開催し、講演会や、講座をはじめとする多彩な教育普及活動を展開している。特別展では、道南ゆかりの作家や書の展覧会のほか、広く国内、海外に視野を向けた展覧会や、各道立美術館との提携による巡回展、コレクション展なども行っている。

  • 所在地
    北海道函館市五稜郭町37-6
  • 開館時間
    9:30~17:00(入場は16:30まで)
  • お休み
    毎週月曜(祝休日と重なる場合は開館)、祝休日開館に伴う振替日、年末年始、展示替期間 ほか
  • 料金
    ミュージアム・コレクション観覧料/一般260円、高大生150円、中学生以下無料 ※特別展は展覧会ごとに異なる
  • お問い合わせ
    北海道立函館美術館
    Tel:0138-56-6311 
    Mail: hakobi.11@pref.hokkaido.lg.jp
  • アクセス
    JR函館本線「函館駅」から「湯の川行」の市電約14分「五稜郭公園前駅」~徒歩7分、またはJR函館本線「函館駅」から函館バス「五稜郭公園入口」「芸術ホール前」「五稜郭病院前」「五稜郭」~徒歩3~10分

関連ホームページ(外部サイト)へ

関連プラン

おすすめの特集・旅行プランなど

周辺スポットを地図で見る

イベント・催し

《道産子追憶之巻》と日本画の名品 道立近代美術館コレクション選/道産子日本画家のニューフェイス 葛西由香の世界


北海道立近代美術館のコレクションから、日本画の名品を紹介する展覧会が、北海道立函館美術館で開催されます。北海道の自然と人々の営みを、季節の移り変わりと一日の時間の流れに重ねて描いた、全長29mにおよぶ大作絵巻、岩橋英遠《道産子追憶之巻》をはじめ、横山大観、片岡球子らの作品が展示されます。網走出身の新鋭の日本画家、葛西由香の作品もあわせて公開されます。

※イベントの内容が変更になる場合もあります。ご確認ください。

  • 開催日時
    2020年7月4日~8月30日
    9:30~17:00(入場は16:30まで) ※休館日は毎週月曜(8月10日は開館)、8月11日
  • 開催場所
    北海道函館市 北海道立函館美術館
  • イベント料金
    一般1000円、高大生600円、中小生300円
  • お問い合わせ
    北海道立函館美術館 0138-56-6311

関連ホームページ(外部サイト)へ

掲載の観光スポット・イベント情報について