観光スポット・イベント情報

釜石市立鉄の歴史館



「近代製鉄発祥の地」釜石にある、鉄の総合的な資料館。安政4年(1857年)、鉄鉱石を原料に洋式高炉を用い、日本で初めて鉄の連続生産に成功した盛岡藩士、大島高任(おおしまたかとう)の偉業と、釜石の製鉄業の発展に携わった先人たちの功績を紹介している。平成27年(2015年)に世界遺産に登録された、「明治日本の産業革命遺産」の構成資産である「橋野鉄鉱山」の三番高炉を、原寸大に復元した模型を中心に、音と光と映像で釜石の鉄づくりの歩みを明らかにする総合演出シアターや、立体映像により当時の製鉄作業がうかがえるファンタビュー、コンピューターによる鉄のQ&Aといった映像装置により、鉄の歴史を楽しく学ぶことができる。展望テラスからは、風光明媚な釜石湾を一望できる。

  • 所在地
    岩手県釜石市大平町3-12-7
  • 開館時間
    9:00~17:00(入場は16:00まで)
  • お休み
    毎週火曜
  • 料金
    大人500円、高校生300円、中小生150円
  • お問い合わせ
    釜石市立鉄の歴史館
    Tel:0193-24-2211 
    Mail: tetsureki-rkg@dolphin.ocn.ne.jp
  • アクセス
    JR釜石線「釜石駅」からバス約11分「観音入口」~徒歩3分

関連ホームページ(外部サイト)へ

関連プラン

おすすめの特集・旅行プランなど

周辺スポットを地図で見る

掲載の観光スポット・イベント情報について