観光スポット・イベント情報

開館45周年記念 縄文・祈りの造形 小川忠博写真展


池田20世紀美術館の開館45周年記念の一環として、「縄文・祈りの造形 小川忠博写真展」が開催されます。カメラマンの小川忠博(1942年~)は、週刊誌や月刊誌の取材の合間に、各種スリットカメラなどを開発し、美術・考古分野に新しい視点を提供してきました。小川忠博による縄文美術の撮影は、40年余りにおよび、全国延べ1000か所以上で活動を続けています。同展覧会では、小川忠博が撮影した写真作品の中から、縄文土器や土偶など、多様な造形や文様を表現する約150点が展示されます。縄文人の生活を知る手がかりとなる出土品が、学術・標本写真とは違った視点で紹介されます。

※イベントの内容が変更になる場合もあります。ご確認ください。

  • 開催日時
    2020年6月25日~10月13日
    9:00~17:00 ※休館日は毎週水曜(祝日、7月~8月は開館)
  • 開催場所
    静岡県伊東市 池田20世紀美術館
  • イベント料金
    一般1000円、高校生700円、中小生500円
  • お問い合わせ
    池田20世紀美術館 0557-45-2211

関連ホームページ(外部サイト)へ

開催場所の詳細


池田20世紀美術館

ニチレキ株式会社の創業者・池田英一が作品と土地、建物を寄付し、1975年に設立。設計は彫刻家の井上武吉によるもので、展示館外壁は日本初のステンレススチール張り。入口から出口まで、有機的に連なるユニークな空間造形となっている。約1400点の所蔵品は、主に20世紀に制作された絵画や彫刻で、「人間」をテーマとするものが中心。ルノワール、ボナール、ピカソ、マティス、シャガール、ミロ、ダリなど、外国巨匠作品や日本の異色作家の力作が揃う。常設展示は約80点で、そのほか3か月毎に企画展を行っている。

  • 所在地
    静岡県伊東市十足614
  • 開館時間
    9:00~17:00
  • お休み
    毎週水曜(祝日、7月~8月、年末年始は開館)
  • 料金
    一般1000円、高校生700円、中小生500円
  • お問い合わせ
    池田20世紀美術館
    Tel: 0557-45-2211 
  • アクセス
    JR伊東線「伊東駅」から「一碧湖経由シャボテン公園行」のバス「池田美術館前」下車

関連ホームページ(外部サイト)へ

関連プラン

おすすめの特集・旅行プランなど

周辺スポットを地図で見る

掲載の観光スポット・イベント情報について