観光スポット・イベント情報

天才絵師・鰭崎英朋の美人画 -朝日コレクション 明治・大正の木版口絵より

  • 鰭崎英朋 柳川春葉著『誓』前編 口絵 至誠堂書店 大正4年(1915)6月 朝日コレクション 画像提供:立命館大学アート・リサーチセンター
    鰭崎英朋 柳川春葉著『誓』前編 口絵 至誠堂書店 大正4年(1915)6月 朝日コレクション 画像提供:立命館大学アート・リサーチセンター

美人画で人気を博した画家、鰭崎英朋(ひれざきえいほう、1880~1968年)の描く美麗な木版口絵を紹介する展覧会が、佐野美術館で開催されます。「口絵」とは、小説や文芸雑誌の巻頭を飾り、物語の主人公や一場面を紹介する絵や写真のことです。鰭崎は、明治・大正期の近代日本文学を鮮やかに彩る、艶美なヒロインを描いて人々を魅了し、読者から絶大な支持を得ました。同展覧会では、朝日コレクションの中から、鰭崎の美人画を中心とした100点余の多色摺木版口絵と、貴重な下絵や資料が展示されます。鏑木清方をはじめとする、同時代の画家の口絵約50点も公開されます。鰭崎の画業を辿るとともに、画家の卓越した感性と、職人の超絶技巧の競演が楽しめます。

※イベントの内容が変更になる場合もあります。ご確認ください。

  • 開催日時
    2020年9月5日~10月25日
    10:00~17:00(入館は16:30まで) ※休館日は毎週木曜
  • 開催場所
    静岡県三島市 佐野美術館
  • イベント料金
    一般・大学生1100円、高校生以下550円 ※土曜は中小生無料、敬老の日(9月21日)は65歳以上無料
  • 主催
    佐野美術館、三島市、三島市教育委員会、静岡新聞社・静岡放送
  • お問い合わせ
    佐野美術館 055-975-7278

関連ホームページ(外部サイト)へ

開催場所の詳細


佐野美術館

昭和41年(1966年)開館、日本美術を主に展示する美術館。刀剣、絵画、工芸、絵本原画など多彩なテーマの展覧会を、年に7回程度開催している。収蔵品は、東洋の工芸品を中心に系統立てて収集しており、中でも日本刀は名品が多く、常設展示室で一部を公開。開館中は、隣接する庭園を散策することができる。富士の湧水を取り入れた回遊式日本庭園で、四季折々の趣を楽しむことができる。

  • 所在地
    静岡県三島市中田町1-43
  • 開館時間
    10:00~17:00(入館は16:30まで)
  • お休み
    毎週木曜(祝日の場合は開館)、年末年始、展示替期間中
  • 料金
    有料
  • お問い合わせ
    佐野美術館
    Tel: 055-975-7278 
  • アクセス
    JR東海道本線「三島駅」から三島循環バス(西回り)「佐野美術館」下車もしくは伊豆箱根鉄道駿豆線「三島田町駅」~徒歩5分

関連ホームページ(外部サイト)へ

関連プラン

おすすめの特集・旅行プランなど

周辺スポットを地図で見る

掲載の観光スポット・イベント情報について